看護師の副業

看護師の副業についての基礎知識をご紹介!


看護師の副業

国公立病院で働く看護師の場合は、国家公務員法や地方公務員法で副業は禁止されています。これは看護師だけに限らず、国家公務員や地方公務員の副業は全面的に禁止されています。よく新聞などに市役所職員などが副業として、風俗店を経営していたなどと報道されています。

民間の病院などで働く看護師の場合は、副業の取り扱いは病院によって違います。公務員の場合は看護師でも法律で、たとえ報酬や謝礼をもらわない単なる手伝いであって行ってはならないと明記されています。民間の病院の場合は就業規則に、副業に関しての規定が定められているはずです。

民間の病院の看護師の副業は許可されていたり禁止されていたりしますが、副業を禁止している病院のほうが多いようです。特に入院患者さんがいる病院などでは、夜勤や残業が欠かせません。そのため看護業務に支障が出る可能性がある、副業はだいたい禁止されています。

それでも副業をしている、看護師はたくさんいます。看護師の副業もさまざまで看護師の資格を活かして、1日だけの健康診断とかイベントナースやツアーナースなどの単発のバイトをしている看護師もいます。インターネットで「看護師・単発バイト」と検索すると、看護師の支援サイトがズラリ出てきます。

なかにはキャバクラなどの水商売や、風俗店でバイトをしている看護師もいます。もし勤務している職場で副業が許可されている場合は、どのような副業をしようと個人の自由ですから問題はありません。しかし副業が禁止されている場合は、副業をしていることが発覚すれば解雇の対象になります。

たとえクビにならなくても、職場の信用を失うことは十分に考えられます。また看護師の仕事は他の仕事とは異なります。もし副業に力を入れすぎて本業の看護業務で重大なミスをしてしまうと、患者さんの命を危険にさらしてしまうことさえあります。

副業が禁止されている病院などで、隠れてバイトをするのは賛成できません。それよりも入院患者さんがいない個人病院やクリニックであれば、副業を許可しているところもあります。また今の仕事だけでは給料が足りないと思っているのであれば、看護師の転職支援サイトで登録すれば希望に合った職場を見つけてくれます。

ビクビクしながら職場に隠れてバイトをするよりも、看護師の転職支援サイトで新しい職場を探したほうが賢明だと思いますよ。堂々とバイトをできる病院や、給料が高い病院がきっと見つかるはずです。

「支度金がでる」看護師の求人情報